« SOMAの思い出 | トップページ | 有明で干からびそうになる »

日本の技術

日本の技術
●仙台駅で、盛岡からきたはやてと秋田からきたこまちが連結する。連結部をあらわにしたまま、前進するこまち号だ。これはすごい!

●こんなめずらしいことを毎日やってるのが、日本だ。連結の瞬間をみたことがあるが、もっとすごい。固い金属がまさに人間同士の交わりのようにスルリとニュルリとつながっていく。キスシーンのようだ!

●はやては男の名前。こまちは女の名前。二ついっしょになって、合体。そして東京を目指す。

●ソウルには、こういうのはなかったです。いや、こういう感覚がなかった。ソウルの地下鉄に乗ってたガリ勉少年たちにもみせてあげたい。

|

« SOMAの思い出 | トップページ | 有明で干からびそうになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SOMAの思い出 | トップページ | 有明で干からびそうになる »