« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

大根おろし

⚫台所の流し台の上に小さな大根が転がっていた。すでに食べられて、三分の一くらいになっている。

 

⚫葉に近いミドリの頭の部分の方だったので、大根おろしにして、お蕎麦の薬味にしていただいた。

 

⚫いや、薬味にしては大量。もはや、大根おろしそばであった。

 

⚫夕方ならば、お酒もつけて、蕎麦で日本酒がすすむところだが、まだまだやることがあって、今日はここまで。

 

| | コメント (0)

再生

⚫死と再生とはいうが、本当に再生というものが、お題目ではなく、実行力をもって迫ってきている。

 

⚫おかげで今年は忙しい。

 

⚫そういうときこそ、自分の手元に重心を取り戻したい。

 

⚫雨上がりの空に、励まされた。

 

| | コメント (0)

会議

⚫季節外れの真夏日だが、会議室にいるので、快適。

 

⚫もう少しでおわりだ!

 

⚫暑くても、外を歩いていた方がいい。

 

⚫夜もバイトだ。いまのうちに体力を温存。

 

 

| | コメント (0)

暑い

⚫奇妙な暑さだ。蒸し暑いというよりは湿気がなく、純粋に暑い感じ。

 

⚫ネットで検索したら、ジェット気流がユーラシア大陸から暑い空気を抱え込むようにして、日本列島に運んできている。すでに中国で季節外れの30度ごえをもたらした暑い空気の固まり。

 

⚫正体がわかればしめたもの。先週の疲れを静かな日陰でゆっくりとりたい。

 

⚫炊飯器のスイッチをいれた。おいしいご飯を炊こう。

 

 

| | コメント (0)

キャベツ

⚫二三日の間、台所の片隅にキャベツが転がっている。

 

⚫かわいそうに、だれも料理する人がいない。

 

⚫今日は仕事も終わったので、しばしキャベツと向き合いたい。

 

⚫豚肉とあいそう。

 

 

| | コメント (0)

解体工事

●近所の三階建て鉄筋コンクリート造りの建物が解体工事中。

●5月にはいり、急ピッチで工事は進んでいる。

●一週間ばかり不在にしていたら、前と後では大違い。

●田舎の人通りも少なくなった商店街。解体した方が確かに土地の価値もあがるし、いいことばかり。英断だ。

| | コメント (0)

怪情報

⚫もめごとというのはどこにいたって避けられない。

 

⚫もめごとにまきこまれるのは生きてる証拠。

 

⚫イタリアの田舎町で買ったワインを飲んだ。炭酸が入った赤ワイン。強制炭酸のえぐみがない。炭酸強いワインはくさい。本当の発酵である。酔いもさわやか。おそれいった。

 

⚫生ハムがないかわりに、スーパーから鶏砂肝を買い、フライパンで弱火でじっくりカリカリに焼いた。胡椒と塩だけ。これがランブルスコによくあう!

| | コメント (0)

オリーブオイルベースのパスタ

⚫そういえば、イタリア三泊したとはいえ、ミラノ近郊だったせいか、オリーブオイルたっぷりのパスタとはおめにかかれなかった。

 

⚫さっき、腹が減ったので、スパゲッティーをゆで、にんにくと唐辛子とオリーブオイルでキノコパスタを作って食べた。うまい。

 

⚫明日こそは自分へのお土産に買ってきたワインをあけるぞ!

 

⚫留守中、たまっていた雑務におわれた一日だった。マンマ・ミーア。

| | コメント (0)

北九州のラーメン

⚫イタリアから北九州に来て二日目。

 

⚫若松汽船。バス。皿倉山のケーブルカー。いろんな乗り物に乗った。そして、肝心のシンポジウムに出席。レセプションにでた。

 

⚫二次会を抜け出し、お腹にたまるものを食べ、ラーメンでしめた。500円でおつりがきた。これがうまい。上品なスープだった。

 

⚫もっと長くいろいろ歩きたいが、お時間です。明日は飛行機で帰らねば。仕事もたまっている。

 

 

| | コメント (0)

北九州は美食の町

⚫北九州の戸畑、八幡あたりを飲み歩いた。

 

⚫何食べてもうまい。

 

⚫福岡空港や博多駅のお店もがんばってるのはわかるが、親父の作った味におれの考えをプラスした豚骨ラーメンが500円でおつりがきた。

 

⚫いま、そこにある八幡と過去の賑わいの八幡が交差した。タクシーで牧山峠に向かった。

| | コメント (0)

イタリアの地酒

⚫ミラノ郊外、ジュゼッペ・ヴェルディが幼き時、音楽を学んだ町、ブッセートに一泊。

 

⚫朝飯食べた食堂にワインがあったので、テイクアウトできるか、聞いたら、どうぞどうぞと、5本買ってしまった。

 

⚫3本ともう一本頼んだのだが、これもつけて、と400ユーロ。

 

⚫帰国したから早く飲みたいが、ここはがまん。税関で200円の課税を納付。財布が重くなる原因の小銭で支払い。

 

| | コメント (0)

パルマのチーズパスタ

⚫イタリアツアー旅行先で、チーズのパスタがでてきた。

 

⚫チーズの発酵臭が苦手な人は食べられないと私にくれたのだった。

 

⚫私は全然大丈夫で、こんなうまいもの、日本では食えないと三人前くらい食べた。

 

⚫昼のメニューでワインがほしかったが、夜に備えて飲まなかった。残念。

 

 

| | コメント (0)

ミラノの守護聖人

⚫イタリア北部の中心地、ミラノ。

 

⚫イタリアの都市には守護聖人がいる。ミラノの場合、アンブロジウス。テデウムを作った人。ドゥオーモにはたくさんの死んでいった仲間の姿があるではないか。

 

⚫スカラ座の楽しいオペラもアンブロジウスのおかげ。

 

⚫今日行くパルマにも立派な方がいた。死んでいった仲間の思い出を大切にする国。

 

| | コメント (0)

ワインとパンとチーズ

⚫アリタリア航空で成田からミラノへ向かう。

 

⚫機内食は三回。イタリアンを選択。和食のチョイスもあったが、赤ワイン飲みたかったので、イタリアン。

 

⚫エコノミークラスだから、そんなに期待していなかった。出発前にビールをたらふく飲んでいた。

 

⚫なんてことない。パンとチーズと赤ワインがよかった。

| | コメント (0)

出国後のドトールでビール

⚫成田空港で出国審査後にお買い物、喫茶、食事エリアが広がっているが、ドトールコーヒーもある。

 

⚫いつものドトールのアプリで生ビールが注文できた。

 

⚫飛行機のボーディングタイムまでしばし日本のビール。他の店はキリンだから、これもたぶんキリンだ。ゆっくりいただこう。

 

⚫トイレが改修中らしく、女子トイレに行列ができていた。何があるかわからない。出国てんでんこ。

 

 

| | コメント (0)

成田空港は楽しい

⚫たぶん、日本で一番外国籍の人間が数多く、しかも、平和に息している場所が成田空港なのかもしれない。

 

⚫子供に見せてやりたい。昨日は日曜日、広場でピカチュウのイベントをやっていた。

 

⚫午後3時を過ぎたフードコートには空港で働いているみなさんも食べに来ていて、何を食べているのか、見ていると、オススメがわかる。コンビニは大盛況。

 

⚫今日は月曜日。出国前にもう一度、ブログ書けるかな?

| | コメント (0)

成田空港めぐり

⚫明日、成田から出国する。集合時間は朝10時。さらにミラノ近郊で三泊したら、さっさと帰国して、成田空港から福岡空港に行くことになっている。

 

⚫時間があるので、成田空港をぐるぐる歩いた。飲食店は人手不足だ。仙台でよく使ってるカプセルホテルが空港と隣接しているという。どんなもんだろう。

 

⚫新幹線、スカイライナーと特急券、乗車券はチケットレス。車窓からかつて研修で缶詰めになっていた建物がみえた。第三ターミナルをみて、震災後いち早く復旧した仙台空港を思い出した。飛行場に最低限必要なものが何か、よくわかる。

 

⚫このにぎわいと混沌。なんともいえない。世界がはみ出している。ミラノの方が静かだったりして。

 

 

| | コメント (0)

フランスパン

⚫仙台の北八番丁とおりにてづくりパン屋をみつけた。

 

⚫昼どきに、ガテン系の服をきた兄さんたちや近所の口やかましいおばちゃんがパンを買いにきていた。

 

⚫フランスの小麦を使ったとあるバゲットを買った。紙に包んで渡された刀のようなパン。

 

⚫あちこち回って、夕方、腹がへったので、ちぎって食べたら、予想の他、うまかった。パンはこうでなけりゃなあ。ほんのり塩味、涙味。

 

 

| | コメント (0)

酒とそば

●晩飯に、ごはんだけじゃなくて、日本酒にあうのはそばだ。

●ためしに、ローソンで買って来たイタリアのワインで、そばを食べてみた。

●ワインにはチーズとか、オイルの要素が必要だ。はたと立ち止まる。そばにはオイルがない。考えてみれば、不思議なことで、水でじゃんじゃんゆでて、洗って、はそばゆでるときに結構やるもんだが、オイルは使わない。じゃ、ゆでたそばにオイルをかけたらどうなるのか、あんまりやりたくなかったので、そのままワイン飲んで、そばすすって、なんとかならんもんかなあ、と考えていたら、完食してしまった。

●ワイン一本555円だった。日本酒四号瓶で555円でこのクオリティは、なかなかないもんだ。日本食とワインの組み合わせ。いろいろためしてみたい。

| | コメント (0)

遅いランチ

⚫午後1時過ぎに食べる中華そば。

 

⚫久しぶりの中華そばだった。次の用件のため、ゆっくりしてられず、パタパタと店をでた。

 

⚫ゴールデンウィークあけで、ちょっと感覚が狂っていた。

 

⚫まだ、変な感じ。なんだろう。

 

 

| | コメント (0)

声づくり

⚫声というのは不思議なものだな、とつくづく思う。

 

⚫歌う声、お茶のみ話をする声、酒飲んだときの声、電話の声、

 

⚫詩人じゃないから、声の例示はこの程度にして。

 

⚫じゃ、どれが、本当の声なのか?たぶん、巨大なサルベージ船が沈没船を引き上げ、その堅固な鉄屑と化した船内からお宝入りの小箱を見つけたときのような瞬間なんだろう。

 

 

| | コメント (0)

肉かあ

⚫二日続けて、魚を食べた。夜には録画してた番組でイカスミとタコスミの違いをみて、驚き、寝床でYouTubeで珍しいお魚を刺身にする映像をみた。

 

⚫今日は魚はもういいかな。その分、できるなら肉を食べたい。

 

⚫赤ワインとあわせたらいい感じだろう。ゴールデンウィークも最高の時期だ。

 

⚫光がワカバにあたって、ものすごくキレイ。

 

 

| | コメント (0)

つらい稽古の楽しみは食事

⚫仙台の青年文化センター通いも二日目。

 

⚫フラフラだ。初日、朝飯をヨーグルトだけにしたらもたなかったので、今日はがっつりごはんをおかわりしたのだが、昼になると腹がへる。

 

⚫近所のスーパーでほっきめし弁当と焼きそば。夜に飲む自転車マークの赤ワインを買ったら、1616円だった。1616=イロイロ。に見える。

 

 

⚫午後やって、明日、そして、あさっての本番、と続く。それにしても、青年文化センターが今年は静かだ。せっかくのゴールデンウィーク。どうしたのだろう?

| | コメント (0)

イタリア語

⚫朝、車でイタリア語の語学CDをきく。

 

⚫マルペンサ空港まで、イタリア、ミラノの郊外から一人で専用車で向かうことがわかったからだ。

 

⚫君なら大丈夫。旅行ツアーの担当者も太鼓判。

 

⚫コラッジオ!(勇気だせよ!)

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »